特集記事

ブログ

2018-1-09

私は現在40才。 学校や家庭で、睡眠について教えてもらった覚えがありません。 むしろ、睡眠時間を割いて受験勉強するように言われてきた世代です。

2018-1-03

昨年は、ヘルスデザインラボが日本快眠協会認定スクールとして本格始動の年となりました。 地域で睡眠のケアができる人材育成を目指して立ち上げました本事業も、おかげさまで多数の方のご支援をいただき、おねむり先生、スリープケアセラピストの育成、眠育推進など100名以上の方にご参加いただきました。

2017-12-25

滋賀県の子育て支援サイト「ママサポしが」に、インタビュー記事を掲載いただきました。 「37歳からのゆる美活動:睡眠不足は美容の大敵のウソとホント」 今回は、美容と睡眠についてお話させていただきました。

2017-12-25

先日働き盛りの男性お二人に、眠りのご相談をいただきました。 たまたま同日に重なったのですが、30代、40代の男性で眠りに悩まれている方は多いのだろうなぁと想像できました。 おひとりは、今までに眠りで悩まれた経験があり、セルフケアや生活に比較的も気をつけていらっしゃる方でした。

2017-12-18

毎日の生活に活かすための、睡眠の基礎知識。ここを理解いただくことで、「講座を受けて満足」ではなく、一生を通して心と身体を守るために活かしていただけるはずです。それを学んでいただけるのが、日本快眠協会の認定資格です。

2017-12-17

実はカフェインは、私たちのイメージ以上にいろいろな食品や飲料に含まれています。 そして「快眠のためにはカフェインは取らない方がいい」というだけでなく、上手につきあうことで、より豊かな快眠ライフが送れると思っています。 わたし自身がコーヒー好きということもありますが(笑) というわけで、今回はカフェインと眠りの関係について、整理してみます。

2017-12-16

睡眠に関する講座・セミナーのご依頼を承っております。 睡眠は年齢や職業を問わず健やかな心と身体に不可欠です。 それと同時に、学齢期のお子様、受験生、働き盛りの年代、看護や介護などシフト勤務など、個人の状況によって、必要とされる知識が変わってきます。 会社、学校、サークル、企業、施設など

2017-10-21

慢性的な眠りに悩みでご相談を受けた男性から。ご相談をいただいたときは、スーパーボールでのセルフケアをおすすめしました。PCを使ったお仕事をされていること。とにかくお忙しく、出張も多いこと。そんなライフスタイルに合わせてのご提案です。

2017-10-18

(社)日本快眠協会認定資格に「おねむりアドバイザー」ができました。お客様に眠りの相談をされても答える自信がない。 睡眠の知識を仕事に活かす方法がわからない。売上アップに活かしたい。睡眠の知識を、ご自分のためだけでなく、お仕事の場で活かしたい方におすすめの資格です。

2017-8-23

先週末は、大手飲料メーカー、キリンさんとの打ち合わせに同席させていただきました。 キーワードは“デカフェ”。 よく“カフェインレス”とも呼ばれますね。 カフェインが含まれた飲料などから、カフェインを取り除いたものをこう呼びます。 コーヒーや紅茶などをデカフェにするには、通常吸着剤を使ってカフェインを取り除きます。

Please reload

眠れないママへ

November 28, 2017

1/1
Please reload

最新記事

April 7, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

ブログ内検索

© 2012 by Health Design Lab. 

営業時間 月~土 10:00~16:00

​滋賀県守山市三宅町1027-4 ルートコワーキング内

  • White Facebook Icon