寒くなりそうな夜、快眠のためにできること

ぐっすり眠るために大切なのは、お布団の中で身体が温まっていることです。

当たり前のようですが、みなさん、案外気にしていないようです。

健康にいいからと、くつ下を何枚も履いて眠るのに、パジャマや布団は変えようとしない。

そんなことはありませんか?

足先だけでなく、身体全体がポカポカあたたまって、リラックスできる睡眠環境を作りましょう。

敷き毛布を使う。

湯たんぽを入れる。

パジャマを厚手のものに変える。

パジャマの下にインナーを着る。

そんな、ちょっとしたことで、一晩中の眠りが変わるかもしれません。

実際にわたしも、寒くなってきた時期にパジャマを厚手のものに変えました。

パジャマを変える前も、とくに眠りに不満があったわけではありません。

でも、パジャマを変えて眠った日は、ずっと快適にぐっすり眠れたのを感じました。

どうやら気づかないうちに、寒さで身体が緊張していたようです。

寒くなりそうな夜は、いつもよりちょっとあたたかくして眠ってみてください。

明日の目覚めが変わるかもしれませんよ。


特集記事
最新記事