5分ずつでも大丈夫

とにかく忙しくて、充分な睡眠時間を確保することが難しい方は多いです。

眠りのご相談をいただいた際には、まずは最低限の睡眠時間を確保していただくようにアドバイス差し上げます。

すると、1時間単位で睡眠時間を延ばそうとされます。

「いつも2時に寝ているから、12時には寝るようにするわ!」

しかし、ただでさえ睡眠時間が確保できないほどお忙しい毎日の生活で、1時間〜2時間いきなり前倒しにするのは難しいのではないでしょうか。

そんな時は、5分、10分でも良いので、無理のない範囲で少しずつ早めにお布団に入ってもらうようにおススメします。

たとえ5分でも毎日早めていけば、1週間で30分ほど入眠を早めることができます。

このくらいのペースなら、生活リズムと睡眠リズムの様子を見ながら、徐々に調整することも可能です。

睡眠は毎日続く生活の一部です。

無理せず、負担なく、良い方向に持っていけることが大切かとおもいます。

睡眠リズムを少しずつ整えましょう。スリープケアトレーニングがおすすめです。


特集記事
最新記事